北九州市八幡西区ピアノ教室・ピアノで練習するということ

北九州市ピアノ教室・ぴあのカンパネルラは

北九州市内で唯一の、耳と脳を育てるトレーニング

絶対音感レッスンが2歳から学べるピアノ教室です!

JR黒崎駅より車で5分

西鉄バス山手線経由・紅梅3丁目より徒歩3分

豊かで深い響きを持つグランドピアノがあるピアノ教室です。

 

 今回はピアノという楽器についてのお話です。

ピアノは鍵盤を打鍵することでハンマーが上がり、

弦を振動させ響板とともに音を響かせる構造になっています。

そのため「打楽器」でもあり「弦楽器」でもあるのです。

 ピアノの外枠は何年も寝かせた木材を使い、

ピアノ弦は1本で70〜80キロもの張力があるのをご存知でしょうか?

そして、現代の電子ピアノでも数百年前に作られたピアノには敵わない、

素晴らしい技術・芸術の楽器で演奏・練習できるのです。

 ご家庭の考え方や音を出せるそれぞれの事情もあるかと思いますが

ピアノを学んでいこう!練習してレッスンに通っていこう!と思われるなら

ぜひともアップライトピアノのご購入をお勧めします!

 本物の音やタッチに触れること・・とは

耳を澄まし傾ける、思いを込めて鍵盤に触れること^^

感覚に深く作用していくピアノの音色で練習するには

アコースティックのピアノが本当に必要な楽器であると私は考えています。

当教室では、お問い合わせをいただく際にピアノの有無をお聞きしています。

それは生徒さんの演奏や音楽に対する姿勢に深く関わる、とても重要なことだからです。

 もしも楽器がない場合もご相談を受け付けておりますので

その点も充分にご検討されてた上で、お問い合わせ頂ければと思います。

 

 今回の動画はバッハのインベンション第3番ニ長調の演奏です。

北九州市ピアノ教室・ぴあのカンパネルラ 田島亮子

New article

Archive