音大受験に必要なレッスンとは?その1

●音大受験に必要なレッスンとは?


北九州市ぴあのカンパネルラピアノ教室の

田島亮子です。


音楽大学を目指すためには

遅くても中学生くらいから

受験対策のピアノレッスンが必要です。


主な科目としては

・ピアノ実技

・声楽(コンコーネ・コールユーブンゲン・イタリア歌曲・

 ドイツ歌曲・日本歌曲など)

・聴音(単旋律・和声)

・楽典(楽語・音程・調性など)


今日はその中でピアノ実技についてお話ししましょう。


ピアノ実技と一口で言っても

内容は大学によって様々ありますが


教則本「ツェルニー」の進度は

易しいレベルではツェルニー30番、


平均的なレベルではツェルニー40番


もしもピアノ専攻を目指す人なら

50番が終了しておくことがベストです。



課題曲として「ツェルニー●番から1曲」と

指定されている場合


その教則本が終わっている、すべて弾き終えている中で

1曲選択できるくらいの

演奏技術を身につけて試験に臨めるといいですね。


ぴあのカンパネルラピアノ教室では

6月23日(日)に

受験を目指す方に向けた無料ご相談会を実施します!


中学からの早めの受験対策で

ピアノ演奏のスキルを磨いていきましょう!


LINE@からのお申し込みはこちらへ:@ouz0547yで検索

お申し込み先:お申し込みフォームはこちらへ





New article

Archive